上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
世紀末。
20120720.jpg

ふとね。思ったんですけどね。
最近の若い人達って「世紀末」って言葉を知らないのかなぁ。
いや、別に「世紀末」なんて言葉を知ってる必要はないんですけどね。

僕の世代は「北斗の拳」とか「ノストラダムス」の影響で、誰でも知ってると思うんですよね。
しかも、「世紀末」=「この世の終わり」みたいな認識で。
でも、「世紀末」なんて本来は「世紀の末」くらいの意味しか無いんですよね。きっと。
100年毎にやってくるだけで、週末とか月末と大差無いハズなんですよね。

でも、僕らの世代は不吉な意味でインプットされてるんですよね。
で、どこかを境にすっぱり「世紀末」なんて言葉を知ることも無く一生を終える世代がいるんですよね。
きっと、そういう人達にとってはデーモン閣下のバンド名は、もともと「聖飢魔」っていうバンドがあって、
その2代目くらいに思ってるのかもしれませんね。

そう言えば、「男性」って、どうして「男性」って言うんでしょうか?
単に「男」じゃダメなんでしょうか?
辞書には「男性=男のこと」って書いてるんですよね。
どこにも「男」の丁寧な言い方って書いてないのに、
しこまった場では「男」と言わずに「男性」って言いますよね。
しまいには「男性の方」とか言い出す始末ですよ。
「性」って性質とか属性的な意味合いですよね。
って事は、「男性の方」=「男の性質を持ったお方」って事なんでしょうか?
なんかまわりクド過ぎませんか?
それはつまり「男」って事なんでしょ?と聞きたくなりますよ。

まぁ、全部冗談です。
夜中まで仕事してると、変な事考えちゃいますよね。
夜中に文章を打ってはいけない一例です。

ただ、やっぱり思うのは、「関係性」って言葉を使われたりすると、
ちょっと「ん?」って思っちゃいますよね。
「関係」でいいでしょ?
「性」を付けて、ちょっと頭よさげな雰囲気を醸し出されても、
ちゃんと意味を考えて使ってるのかなぁとか思いますよね。
07/20 02:25 | その他 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://hidakashinsaku.blog.fc2.com/tb.php/18-209ad186
* トラックバック: *

Copyright © 2006 ひだかしんさく All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。